ランドセルを買うのはどこがいい?失敗しない選び方

基本的に小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほとんど色が決まっていましたが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

2016年に行った調査では、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

皆さんは小学校へ通学する際にどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると少し前までは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

例えば、購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを買うとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ収容力が重視されていました。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

年々、購入時期の早まっているランドセル商戦ですが2019年入学のお子さんをお持ちの親御さんはすでに購入されましたか?最近ではデザインや素材にこだわった工房系ブランドでは生産可能限度数などがあるため早めに注文されることも多いようです。

これから購入される方向けに最新のトレンドを紹介します。

去年までサイズ見直し問題もありましたが今年はA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどの光沢のあるメタリックカラーから「上品で知的」な方向へ変わっているようです。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」からブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

最近は居間で勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中できて、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンをどこに置くかです。

ただリビングに置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下の隙間にカラーボックスを置いてみたり、現在使っているラックの一段をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

小学校への入学時は教科書や学校によっては制服など思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルは価格に幅がありますがいいものは高くなりがちです。

実際に販売員をやっていた方の見立てによると予算としては3万円以上を見込んでおくと高品質が見込めるようです。

実際の売れ筋も4万円台というネット上の調査結果もあります。

高品質の製品をできるだけ安く購入したいという場合はアウトレットランドセル検討してはいかがでしょうか。

機能的にほとんど変わらない旧型モデルが30?60%割引で購入できたりします。

機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

皆さんがランドセルを購入する際にどこへ行きますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で買うのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重さはわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどがわからずフィット感が悪くて使いにくいことがあるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と価格が高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルの平均価格は45.000円以上になっているようです。

なぜここまで平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応がメインのサイズになり使う材料が増えていることや丈夫なものが欲しいという要望からより丈夫な素材を選ぶためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなって趣味が変わるということはよくあります。

同じようにそのとき人気のキャラもののデザインにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それは子供が使うランドセル選びにも通じます。

初めてラン活をする際は評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際にランドセル売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造元などの情報を知らなければいけません。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社もあり、どれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

ラン活は夏休みまでという話を聞きました。

ネット上の調査によると7月?10月がピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを考えている場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、夏前など早く決めすぎた場合に子供が心変わりすると大変です。

例えば、お友達が何色だったとかで別の色が欲しいと言われたという話も聞きます。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や年始の初売りで安くなっていたり、体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所や施設などに寄付する流れがありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは使う本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

この現象の発端となった人も実際、少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と発信しており子供達の支援が広がるきっかけになればというところがメインだったようです。

皆さんも人にプレゼントする際は受け取る相手が本当に本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物を見ておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っている様々なメーカーが集まる合同展示会もあるので利用してみてはいかがでしょうか。

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなってしまうランドセルの処分をどうするかということです。

数年前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクするサービスが最近人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として作られているため撥水性や耐久性が良いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、かと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合にパスケースが必要になるので形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

夏になりラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

A4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

店頭に行った際の確認事項は丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

他にも万が一壊れてしまったときのために修理してくれるかどうかという6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ何年か、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは孫とみられる子供が祖父母と見られるグループがランドセル売り場に一緒に来ている光景です。

ここではおそらく皆さんの身近な売り場であるイオンのオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類やカラーなど、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや6年間無料保証があるので安心できることや意外と高機能なことです。

デメリットとしてはラインナップが幅広いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。

引用:ランドセルどこで買う?イオンと通販どちらがお得?【おすすめは?】