避難所での非常食の備蓄はどうしているの?

みなさんは、避難所での自治体の仕事ってどのようなものだと思いますか? 災害時に、避難所を設営するのは自治体の役割になります。
しかし、2011年3月に起きた東日本大震災では、自治体そのものが崩壊したところもいっぱいありました。
被災していない周囲の自治体からの応援により、避難所が確保されたところもたくさんあったのです。
また、避難所を運営する人自身も、被災者である場合が多かったのです。
避難所での生活は、快適なものとは言えないのです。
長期に渡ることにより、精神的肉体的な疲労が蓄積してしまいます。
現地では、そのような人たちのためのボランティア活動が行われていたのです。
全国の自治体では、防災マップが作られていますよね。
土砂崩れや水害などが起きやすいところをマークしておいて、そのための避難所を決めておきます。
今回の大震災では、いったいどうだったのでしょうか。
被害の規模を考えれば、事前の準備の予想を超える規模だったのです。
それでも、人は生きていかなければいけませんよね。
生活をするために、避難所が必要になります。
当初、避難所の生活はパニック状態だったのです。
被災者や避難所の運営者にとっても、未経験のことばかりだったのです。
当事者と支援者をつなぐ役割を持つ人が、非常に重要であると思うのです。
非常食おすすめ通販!レトルト缶詰比較!【セットで人気は?】