健康食品の販売に関する資格って?

健康食品の販売に関する資格についてご紹介します。
健康食品の販売には特別な資格はいらないため、誰でも売ることができます。
いくつかの健康食品に関する民間資格が日本には存在しています。
日本サプリメントアドバイザー認定機構は、サプリメントアドバイザーという資格を扱っています。
資格を得るには機構の行う試験に合格する必要があります。
食品保健指導士は日本健康栄養食品協会の資格であり、そのほかに健康食品管理士という健康食品管理士認定協会の資格も存在します。
健康食品を販売する時に役立つ資格の中には、講座を受けるともらえるものもあります。
サプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会)、サプリメント指導士(NPO日本サプリメント協会)といった資格は通信教育をの受講が資格取得の条件です。
サプリメントコーディネイターという株式会社日本フローラルアートの資格や、サプリメント管理士という新生活普及法人の資格もあてはまります。
これらの健康食品の販売に関する資格のいくつかは、あらかじめ基礎医学、食品学、食品衛生学、薬理学、臨床検査学などの基礎知識を有するものが対象となっています。
これらの資格を持っておくことで、健康食品の販売の現場において訪れた購買客に対し、健康食品に関する情報を伝えたり、適切な商品を選択したり、問い合わせに答えたりといった販売業務が可能になります。
薬と健康食品は違うものですが、健康維持に重要な関与をするものです。
健康食品を販売する際には、資格だけでなく守るべき法律がいくつもあることは知っておくといいでしょう。
LECキャンペーンを狙え!【割引クーポンで激安】