NISA初心者に伝えておきたいこと

株式取引にはリスクがあります。

なので、NISAなどの株式投資の初心者のときは、はじめに投資信託を選んで資産運用を始めるのも安全な方法だと言えます。

投資信託はプロの投資家がさまざまな優良投資先に広く分けて資金を投入するので、安全性が高い初心者向きの運用法のひとつとされます。

皆そうじゃないかと思うのですが、私は株式投資を始めたころ、新米でチャートの見方が理解できませんでした。

今でも、完璧にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」といった見方があるので、ちゃんと参考にしています。

ただ、今でも稀に間違えてしまう時もあります。

株を持つ場合、自身の資金に対する利回りを意識してしまうのではと思います。

銀行に預けるとしてもあまり利息がつかない現在では、国債や投資信託、定期預金や債券といったものに比べ、良い利回りでなくては投資する意味がありません。

きっちりと利回りを意識しながら投資をすることが重要なのです。

私は最近、株式を始めたばかりの初心者で、NISAなどの株式投資初心者の本を購入し、勉強しています。

勉強になる本もあれば、「ん?こっちの本と書いてあることが異なるぞ?」とちょっと疑心を持ってしまうような本もありますが、良い所も駄目な所もみんな勉強していきたいです。

株投資をしているサラリーマンは職場で勤務している時は相場をチェックすることはできないので、基本的にはデイトレードのようなものはできないものです。

ですから、たくさんのサラリーマン投資家の人たちは決算書を十分に読んで、割安株を探し出し、投資しているのだそうです。

株の経験がない方だけでなく、NISAなどの株式投資をする人の大部分はできる限り手数料が低いネット証券に口座を作るのがよいと考えます。

というのは、株式を売買する時の手数料が安くすめばNISAなどの株式投資の売買が至って柔軟に対応できるからです。

NISAなどの株式投資には色々なやり口がありますが、そのやり方の一つにスキャルピングがあります。

株の購入から売却までをも、スキャルピングは、数秒から数十秒のごくごく短時間の間に済ませてしまう投資のやり方です。

スキャルピングの利点は、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価が値下がりするリスクを小さなものにすることができるということにあります。

株を始めたばかりの人はどの銘柄に投資するのがよいかわからないので、株式雑誌にのっているようなオススメ銘柄の中からよさそうな銘柄に決めて資金を投入します。

経験を積んで、徐々に知っている会社の数を多くしていき、自分で上がると思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。

株を始めたての人が株式投資を始める狙い目というのは、皆がNISAなどの株式投資に興味を失くし、株式市場が落ちついている頃です。

こういう時期ですと、どの銘柄もありえないほど安値で株価が放置されているため、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと思うからなのです。

NISAなどの株式投資はきわめて魅力的な投資のやり方の一つです。

ただし、株の売り買いにはもろもろのリスクもあります。

株の主な危険としては、値が下がる、流動的である、倒産するなどのリスクがあります。

NISAなどの株式投資は定期預金などとは別で、元本の保証がないのです。

株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して慎重に投資をする必要があるでしょう。

株の収益は、株価の変動での利益と、会社から配当で支払われる金銭という利益の二つがあります。

株価の変動を読むことは難しいと思っている初心者の方は、安定した株価の一定の配当を毎期ごとに支払っている会社の株を買うことにより、配当での定期的な収入を得るのも良い投資の一つです。

株については知識が豊富でない者が初歩的な知識を学ぶためにしなければならないと思われることは、まずNISAなどの株式投資についての本を読むことで、支持を受けている本を5冊以上読まなければならないと言えるでしょう。

NISAなどの株式投資についての本を五冊くらい読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は重要だということが考えられるからです。

NISAなどの株式投資の社会ではテクニカル指標を使って株の投資を行っている方々がたくさんいます。

それにより、株式投資の初心者もテクニカル指標については一通り本などで勉強してから株の取引などを始めた方が、勝つ度合いが高くなるのではないでしょうか。

どの程度、上昇・下落しているのかを時間を追って確認するものとしてチャートを利用する投資家はかなりの数になります。

例えていうと、大きく上髭がついている場合、株のローソク足はその後、下がっていくのではないかと見て取ることができますし、ローソク足の長さによって売買のタイミングを決める手がかかりになります。

私はアベノミクスという言葉で興味を持ち、よく理解しないまま、株を始めたばかりの未経験者です。

はじめはまったく儲からず、赤字で苦しんでいたのですが、いまでは景気が上向きなのか、私の技能がよくなったのか黒字になるようにうまくなりました。

引用:NISA口座開設の必要書類は?【なぜ住民票がいるの?】